アシガール│あらすじ&感想〜イケメン若君に恋してしまう主婦の方にもおすすめの漫画〜

   

アシガール

作品情報

作品名:アシガール

巻数:7巻(連載中)※記事執筆時

著者:森本梢子

出版社:集英社

掲載紙:Cocohana

 

あらすじ

速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!

>> アシガール│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「アシガール」の感想

「アシガール」は女子高生の女の子がイケメン男子に恋をする、というのがメインストーリーなのですが、そんじょそこらの高校生の恋愛と思ったら大間違い。

もちろん女子高生も楽しめる漫画ではあるのですが、なんと3人の子持ち主婦の私ですら感情移入がばっちりできて、恋愛のドキドキ感を感じることができるのです。

 

まず、主人公の女子高生のゆいちゃんなのですが、彼女はコスメ大好き・恋愛経験豊富というような美少女ではなく、どちらかというと男の子には縁のなさそうな個性的なタイプですし、彼女のお弁当は、工事現場のおじさんが持ってくるような大きなお弁当だったりもして、世間の女子が嫉妬することなく温かい目で見守れるお嬢さんといえます。

 

そしてアシガールの重要なメインキャラクターであるイケメン男子は、なんと戦国時代のお殿様の息子さん。つまりは「若君」。

ゆいちゃんがタイムスリップして戦国時代に行き、イケメン若君に一目ぼれするところから物語は始まります。

 

ゆいちゃんの唯一の才能は足が非常に速いことなのですが、その才能を活かし戦国時代で足軽としてドジな振る舞いをしながらもどんどん出世していくさまは、読んでいてついつい応援してしまいます。

イケメン若君に近づくため、若君の命を守るために男に扮したゆいちゃんが、命がけで若君の命を守る様子は本気で涙が出てハラハラ・ドキドキ。

まさかこの年になって女子高生がでる漫画で涙を流したり、一緒にイケメン若君に恋するとは自分でも思ってもみませんでした。笑

 

現実と全くかけ離れたストーリーだからこそ、妄想に入りやすいということもあり、女子高生の恋愛に免疫がすでになくなった主婦層の皆様にもぜひおすすめの漫画です。

ライター:あしおもい主婦(40代女性)

>> アシガール│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「森本梢子」の他の作品

高台家の人々

高台家の人々

関連高台家の人々│あらすじ&感想〜妄想女子が主人公の笑えるラブコメ漫画〜

 

 - Cocohana , ,