BAD BOYS│あらすじ&感想〜ギャグセンスがあり笑える不良漫画〜

      2016/04/27

BAD BOYS

作品情報

作品名:BAD BOYS

巻数:全22巻(完結)

著者:田中宏

出版社:少年画報社

掲載紙:ヤングキング

 

あらすじ

桐木司・17歳―大金持ちのお坊っチャマ。今の生活にあきたらず不良になろうと決心し家を出る――!

>> BAD BOYS│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「BAD BOYS」の感想

「BAD BOYS」はヤンキー・暴走族の漫画なんですが、とてもギャグのセンスがあり笑える作品です。

 

主人公の桐木司(きりきつかさ)はもともと大金持ちのボンボンで、その生活がつまらないと感じて外の不良達に憧れ、自由を求めて家出をしました。そこで出会った不良たちと仲良くなり、根性もあったので徐々に頭角を現していきます。

なんと暴走族の総長になっちゃうのです。ふざけた総長ですが、めちゃくちゃ気合が入っていて強いんですこれが。

 

バイクの乗り方とかもふざけています。

『フンフーン』と鼻歌を歌いながらバイクのハンドルを持っていて、運転中は体が宙に浮いてひらひらしたりします。

 

めちゃくちゃふざけていますが、これが面白いんです。

しょっちゅうオナラをこいたりもします。笑

 

ですが喧嘩となるとすごい根性で、弱小だった自分のチームをどんどん引っ張っていき、チームは有名になっていきます。

『極楽蝶』というのが彼らのチームの名前で、しまいには広島トップ3のチームに数えられるようになりました。

 

とにかく、そういうハチャメチャにふざけた不良漫画ですが、とても面白い作品なので、不良に憧れている人や、興味がある人には是非読んで欲しいです。

ライター:漁師さん(30代男性)

>> BAD BOYS│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

 - ヤングキング , ,