ハチミツとクローバー│あらすじ&感想〜人生で立ち止まりたくなった時に読んでほしい〜

      2016/06/15

ハチミツとクローバー

作品情報

作品名:ハチミツとクローバー

巻数:全10巻(完結)

著者:羽海野チカ

出版社:集英社

掲載紙:コーラス

 

あらすじ

6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る美大生、森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、花本はぐみと出会い……!?

>> ハチミツとクローバー│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「ハチミツとクローバー」の感想

恋愛と仕事や勉強との両立に悩んでいる。将来、何がやりたいか見つからなくて不安。といった思いを持っている人にとってはとても良い作品だと思います。

 

読み始めた時はありきたりな恋愛中心の作品かなと思っていたのですが、読み始めていくと、キャラクター1人ひとりの設定と伏線がとても際立っているのを肌で感じられて、作品が持つ独特な空間に引き込まれていきます。

 

特に主人公が決められているわけではなく、登場人物1人ずつにしっかりと焦点を当てて、その人がどんな人なのかをしっかりと分かっていけるように話が進む構成なので、感情移入をしながら読めるという所がとても魅力的かなと思います。

 

作品に出てくる言葉の中でも、恋愛とはこういうことなのかな?仕事にはこういう姿勢で取り組めば良いんだろうな。というように、自分自身の生活がより良くなるためヒントになれる内容がとても多いので、何か人生の中で立ち止りたくなった時にはふと読み返してみると、1歩気持ちよく進めるためのキーワードを知ることが出来ますよ。

 

絵も、まるで絵本のようなタッチで柔らかい印象を持つことが出来るので、大人はもちろん子供まで楽しめますし、子供の時に読んで、次は自分の子供にも読ませてあげることが出来る素敵な作品です。

ライター:ハチミツさん(20代女性)

>> ハチミツとクローバー│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

※こちらもおすすめです↓

恋は雨上がりのように│あらすじ&感想〜45歳の冴えない店長と17歳女子高生との恋〜
作品情報作品名:恋は雨上がりのように巻数:5巻(連載中)※記事執筆時著者:眉月じゅん出版社:小学館掲載紙:ビッグコミックスピリッツ あらすじ橘あきら。17歳。...

 

 - コーラス , ,