金色のガッシュ!!│あらすじ&感想〜中学生と少年がペアになり魔界の王様を目指す〜

      2016/07/26

金色のガッシュ!!

作品情報

作品名:金色のガッシュ!!

巻数:全16巻(完結)

著者:雷句誠

出版社:小学館

掲載紙:少年サンデー

 

あらすじ

頭が良すぎるため、クラスに馴染めず、不登校を繰り返している中学生の高嶺清麿(たかみね・きよまろ)。そんな清麿のもとに父からの誕生日プレゼントとして、奇妙な呪文が書かれた“赤い本”とともに不思議な子供・ガッシュがやってくる! ガッシュは「腑抜けた清麿を鍛え直す」と宣言。清麿の心を変えるべく作戦を決行する!! 一緒に過ごすうちに、次第に明らかになるガッシュの秘密。それは清麿の運命を大きく変えていき……!!

>> 金色のガッシュ!!│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「金色のガッシュ!!」の感想

魔界の王を決める戦いを100人の子供たちにやらせるというのはありきたりだと感じましたが、自分では力を使えず、人間のパートナーに呪文の本を読んでもらわなければならないというのは、新しい感覚で楽しいなと思いました。

自分では力を使えないことで、相手との友情や愛情、利用や裏切りなど、人間ドラマ的な要素がストーリーに組み込まれていて面白かったです。

 

主人公は最初弱いけど正義感や意思は強く、そのパートナーは人間世界での天才中学生といった組み合わせもベタだけど良かったですし、主人公たちが子供ということで『戦いを通して単純な強さだけでなく人間的に成長していく』といったところも楽しめました。

 

ただ、最後の方は精神的に成長し過ぎて、子供としての純真さや無邪気さ、子供ならでは間違いを犯すといった部分がなくなり、もう少し最後まで子供らしさを出してもよかったかなとは思いました。

10歳にもならない子供たちや中学生が、大人よりもずっと大人っぽいセリフを言ったりしているのはちょっと違和感がある部分もありましたが、まぁ漫画なんだからと割り切れば、さほど気にはならないかもしれません。

 

戦い自体は子供によって力の種類が違うので、様々な能力が出てきて楽しかったです。

でもやはりバトル漫画ではありがちですが、最初に出てきたキャラクターと最後の方に出てきたキャラクターには強さのバラツキがありすぎて、なんだかなぁとは思いました。

ライター:ルーシィ(30代女性)

>> 金色のガッシュ!!│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

 - 少年サンデー , ,