高台家の人々│あらすじ&感想〜妄想女子が主人公の笑えるラブコメ漫画〜

      2017/04/23

高台家の人々

作品情報

作品名:高台家の人々

巻数:4巻(連載中)※記事執筆時

著者:森本梢子

出版社:集英社

掲載紙:YOU

 

あらすじ

妄想が趣味の地味系女子・平野木絵はニューヨーク支社からやって来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ、驚く。実は光正には、ある特殊な能力が!それは光正の妹と弟にも──ヒットメーカー森本梢子が放つ不可思議ラブ・コメディ!

>> 高台家の人々│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「高台家の人々」の感想

今度映画化されるまだ完結していない作品で、作者は「ごくせん」などで知られる森本梢子先生です。

 

エリートでお金持ち、さらにハーフで美形で年下というとんでもない王子様と、平凡なOLとのラブストーリーです。

いや、ラブストーリーというかギャグ漫画的要素が盛り込まれた少女漫画です。笑

 

どのキャラクターも周りに居そうなほのぼのとした感じなので、過激なエロシーンとかドロドロした裏切りとかはありません。

その淡々とした平凡なストーリーの中に主人公の妄想ぶっ飛んだギャグが入ってくるので本当に面白いです。

 

また、ヨシマサという太った猫が出てくるのですがこれまたいい味を出しています。

完璧な王子様と平凡な主人公が付き合う事になったという少女漫画は多いですが、この漫画は王子様側に悩みを抱えていたり、主人公が普通の容姿なのに内面のポジティブさが凄かったりと、ちょっと稀に無い話だと思います。

 

まだ完結していないのでこれからどんな展開になるのか、映画ではどんな構成になるのかワクワクしています。

ちなみに映画ではその平凡なOLの主人公役を綾瀬はるかさん、王子様の高台光正役を斎藤工さんが演じます。

 

普通の少女漫画には飽きた!シリアスな展開に疲れた!という方に、ほっこり幸せに笑える漫画なのでおすすめです。

ライター:ゆいか(20代女性)

>> 高台家の人々│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

映画版「高台家の人々」

  • 公開:2016年6月4日〜
  • 主演:綾瀬はるか・斎藤工
  • 上映時間:116分

 

映画版「高台家の人々」の感想

綾瀬はるかさんのファンなので映画を見ました。綾瀬さんや水原さん、夏帆さんなど女優陣がみな綺麗で、『大スクリーンで美人を堪能できれば満足』という私のような人間は絶対に損をしない映画です。

また、斎藤工さんのファンである女子や、ネコ好きの人々も満足できると思います。

 

わたしは原作を読んでいましたし、予告編の映像も原作同様に明るい雰囲気だったのでコメディ映画だと思っていたのですが、映画は後半になると想像以上にシリアスな内容だったので驚きました。

妄想のシーンなど、面白くて笑えるシーンもたくさんありますけどね。

 

当初、木絵役に綾瀬はるかさんというのは綺麗すぎるのではないかと少し疑問に思っていましたが、そこは見始めてすぐ気にならなくなりました。

全体的にお伽話のようなストーリーなので、肩の力を抜いてみることで素直に笑って泣ける映画です。

 

内容としては、物語を2時間におさめる都合でしょうが、木絵と由布子の料亭の話など、原作にあった細かいエピソードを削ったことで、話の展開が唐突に思える部分があったなぁと。

このあたりは、むしろ原作を知っているからそう思えるだけで、知らない人は自然に見れているのかもしれませんが。

 

ただ、心の声と実際の声の違いが分かりにくかったのは映画を見ていて気になる点で、一瞬「ん?」とひっかかることで、映画の世界から現実に引き戻される感じがあったのは少し残念でした。

ライター:アッキー(30代男性)

 

「森本梢子」の他の作品

アシガール

アシガール

関連アシガール│あらすじ&感想〜イケメン若君に恋してしまう主婦の方にもおすすめの漫画〜

 

 - YOU , ,