喰う寝るふたり 住むふたり│あらすじ&感想〜男女それぞれの視点で描いた同棲生活〜

   

喰う寝るふたり 住むふたり

作品情報

作品名:喰う寝るふたり 住むふたり

巻数:全5巻(完結)

著者:日暮キノコ

出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ

掲載紙:月刊コミックゼノン

 

あらすじ

町田りつ子と野々山修一は交際10年、同棲生活8年目。恋人以上、夫婦未満の三十路直前カップル。そんなふたりに起こるちょっとした日常を男女両方の視点から描いた恋愛ザッピングストーリー。

>> 喰う寝るふたり 住むふたり│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「喰う寝るふたり 住むふたり」の感想

同棲する男女が体験するさまざまな出来事が、男性から見た章、女性から見た章で描かれた漫画です。

 

ふたりは同棲10年。慣れあって惰性に陥りがちな状況であるのに、日常の出来事から相手のことを考えて、自分のことも考え直したりして。

出来事は日常生活にありがちな些細なことだったりするのですが、意外と男女で感じ方が違うものだと読んでいて新鮮な驚きがありました。

 

そして、その時々の主人公たちの考え方や行動がとても興味深い。

私は女性側にはひしひしと共感できたのですが、かといって男性側の章は分からないかというと全然そんなことはなくて。

 

「男ってそういうふうに感じるんだ」という「私は考えてもみなかった驚き」がいっぱいでした。

どちらの章もとても自然で、作者は男性なのか女性なのか、と確認してしまったくらいです。

 

描かれている二人の生活はマイペースでありとてもリアルなので、実際に同棲に踏み切る前に読んでみるのもオススメです。

そしてマンネリに陥ってしまったカップルにも。

 

長年一緒にいても、わからないことやそれまで知らなかった姿はいろいろある。

それを知ったとき、お互いを尊重しながらも自分らしくのびのびと生きていくこの二人を見ていると、素直にカップルっていいなと思えてきます。

 

清々しいハッピーエンドの結末に、温かい気持ちになれる作品です。

ライター:ぽぽこ(40代女性)

>> 喰う寝るふたり 住むふたり│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

 - 月刊コミックゼノン , ,