魔法使いの嫁│あらすじ&感想〜ファンタジー好きにはおすすめの心の成長を描いた漫画〜

   

魔法使いの嫁

作品情報

作品名:魔法使いの嫁

巻数:5巻(連載中)※記事執筆時

著者:ヤマザキコレ

出版社:マッグガーデン

掲載紙:月刊コミックブレイド

 

あらすじ

少女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使い――……。羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった……。新進気鋭の作家が描く、英国を舞台にした異類婚姻幻想譚が堂々、開演!

>> 魔法使いの嫁│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「魔法使いの嫁」の感想

趣味でネットサーフィンをしている時、広告としてこの漫画が出ていたので気になっていたのですが、欲しい本があったので本屋に行った際に、たまたまこの漫画が売られているのを見つけて、あの時の漫画かとついでに購入したことが読み始めたきっかけです。

 

人間の女の子が人外の魔法使いと一緒に生活していくお話なのですが、妖精が出てきたり、ドラゴンが出てきたり、ファンタジーが好きな方にはぴったりの作品だと思います。

私はダークファンタジーが好きなので「魔法使いの嫁」はストライクでしたね。

 

主人公の女の子は事情を抱えているので、時々悩んだり苦しんだりしていて読んでいるこっちも切なくなります。

魔法使いにもつらい過去があったりと、妖精が出てきて可愛い幸せなだけのお話ではなく、人の心について考えさせられるつくり込まれたお話です。

 

化け物も出てきますし、争うこともあるので緊張感もあれば、だんだん仲良くなっていく女の子と魔法使いにドキドキさせられることもあって目が離せません。

魔法使いの見た目は本当に人外そのものなのでイケメンでも何でもないんですが、女の子を思って行動するシーンを見ていると、なんだかカッコよく見えてくるので不思議です。

 

この漫画の一番の見どころは、ずばり心の成長だと思います。

主人公の女の子は様々な人外の者と触れ合って成長していきますし、魔法使いも女の子によって心境が変化していっているようです。

 

お互いの存在がいい影響となっているので、続きを読むのが楽しみで、また素敵な成長ぶりが見られるかと思うと新刊を買わずにはいられません。

ライター:のりこん(20代女性)

>> 魔法使いの嫁│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

 - 月刊コミックブレイド , ,