舞姫 テレプシコーラ│あらすじ&感想〜生きることは舞に似ている〜

      2016/06/03

舞姫 テレプシコーラ

作品情報

作品名:舞姫 テレプシコーラ

巻数(第1部):全10巻(完結)

巻数(第2部):全5巻(完結)

著者:山岸凉子

出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー

 

あらすじ

主人公・篠原六花のバレエに対する情熱と自分自身に対する不安。バレエダンサーを目指す者特有の壁が立ちはだかる。
同時に、六花の小学生時代から何らかの形で彼女の周囲にある「いじめ」も絡み、六花を翻弄する。更にバレエという夢舞台の裏側の、少年少女達の厳しすぎる現実をもえぐり出す。

 

「舞姫 テレプシコーラ」の感想

第1部

バレリーナを目指す千花と六花(ゆき)のお話。

最初は母親が自宅でバレエ教室をやっていて、父親は公務員、おばあちゃんたちはお金持ち、学校はバレエの為に中学から私立と、絵に描いたような「ちょっとお金持ちのエリート」がバレエを頑張るという話なんだな、と軽く考えて読んでいました。

 

バレエの知識がない人でもこれを読んでいれば正しい知識がつくのではと思うほどバレエの解説が丁寧で、なおかつ本文にうまく馴染んでいる。でもところどころで「ん?」と思うような影の部分というか、引っかかる部分があるなぁ…とは思っていました。

 

が、全部読み終えてその理由が分かりました。あの違和感を感じる部分は全てこの結末の伏線だったのだと。

そこまでの伏線がこんなにも長い間かけて少しずつ、少しずつ張ってあったのかと思うと作者の力量に驚くばかりです。

 

バレエをやっている子どもに是非読ませたいのですが、残念なことに1巻が子ども向きではありません。少々子どもには刺激が強い描写が何度か出てきます。

もちろんそれもこの話の展開の中では絶対に必要なのですが、やはり子どもに読ませるには抵抗があります。

 

そのため続編は子どもに読ませましたが、これはまだ読ませていません。いつか大人になったら読ませてあげたいと思います。

ライター:momo(30代女性)

>> 舞姫 テレプシコーラ 第1部│全巻セットの価格をチェックする(漫画全巻ドットコム)

 

第2部

テレプシコーラの続編です。

第1部となる前作では10巻という長い年月をかけて短く濃い何年かを描いて、主役の六花(ゆき)はまだ小学生でバレエの楽しさにも目覚めていないような子どもでしたが、この第2部ではローザンヌ・バレエコンクールに挑戦するまで成長しています。

 

ローザンヌというバレエ最高峰の若手登竜門。

そのコンクールがどのように行われているのか、どんなことを審査しているのかが、まるでテレビのドキュメント番組を観ているようにしっかりと伝わってきます。

その数日間を5巻という長期にわたって展開しているので詳しいのも当然ですね。

 

この第2部では、第1部に出てきたある人物が再び登場します。(正確にはその本人と断定はできない描写ですが)

第1部を読み終えた時、そういえばあの子はどうなったんだろうと思っていましたが、こんなところに出てくるなんて驚きました。そのある人物がこのコンクールで六花と深くかかわってきます。

 

第1部のどうしようもない衝撃と違い、この第2部は単純にコンクールを舞台とした作品として楽しめるものとなっていますし、第1部を読んでいない人でも理解できる内容になっています。

この続きはもう描かれないのでしょうか?続きが読みたいです。

ライター:momo(30代女性)

>> 舞姫 テレプシコーラ 第2部│全巻セットの価格をチェックする(漫画全巻ドットコム)

 

「山岸凉子」の他の作品

アラベスク

アラベスク

関連アラベスク│あらすじ&感想〜バレリーナを目指す主人公の挑戦を描いたバレエ漫画〜

 

※バレエ漫画なら「トウ・シューズ」もおすすめ↓

トウ・シューズ│あらすじ&感想〜バレエのシンデレラストーリー〜
作品情報作品名:トウ・シューズ巻数:全5巻(完結)著者:水沢めぐみ出版社:集英社掲載紙:りぼん あらすじ【目指せ、プリマバレリーナ!!】くるみは小学5年生の時...

 

 - 女性漫画 , ,