めだかボックス│あらすじ&感想〜西尾維新の小説が原作で漫画でもその言葉遊びは健在〜

   

めだかボックス

作品情報

作品名:めだかボックス

巻数:全22巻(完結)

著者:暁月あきら・西尾維新

出版社:集英社

掲載紙:週刊少年ジャンプ

 

あらすじ

箱庭学園内に設置された目安箱は、24時間365日、生徒の誰もが、どんな悩みでも投書できる、通称“めだかボックス”!生徒達のあらゆる悩みを解決する為に完全生徒会長・黒神めだかの奮闘の日々が始まった!!

>> めだかボックス│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「めだかボックス」の感想

私は原作者の西尾維新さんの大ファンであったため、「めだかボックス」という漫画が始まった時はワクワクしたものです。

漫画でも言葉遊びは健在で、はっとさせられるセリフも数多く、中でもうまいなと感じたのが『光化静翔(テーマソング)』で、校歌斉唱をもじっているからテーマソングという読み方をさせているのでしょう。

 

このスキルを持った日之影空洞というキャラは、英雄の名にふさわしい強さとかっこよさを兼ね備えていました。

惜しむらくは登場回数の少なさです。かっこいいキャラでしたから、もっと登場してほしかったなと個人的には思います。

 

ですが「めだかボックス」には他にも数多くの魅力的なキャラクターがいます。

中でも一番好きだったのが球磨川禊です。最初は敵として登場しましたが、戦いを経て味方になったキャラです。

出てきた当初はむしろ嫌いなキャラだったのですが、本音を安心院なじみにぶつけた辺りから魅力を感じ、味方になった時には一番大好きなキャラクターになっていました。

 

行動自体は敵の時と大差ないのですが、なぜか好感を持てるキャラに様変わりしていて、これは演出の力なのかもしれませんね。

球磨川禊は誰にも勝てない敗北者というキャラでしたが、正直な話勝っていてもおかしくない戦いはいくつもありました。

 

ですが、球磨川は女の子に泣いて頼まれたら攻撃できないじゃないかと、勝てたはずの戦いをあっさりと放棄し、自らの負けを口にするのです。

主人公よりも普通にかっこいいキャラです。

 

それゆえか球磨川は女子キャラの何人かに惚れられていましたが、それもこのかっこよさなら当然だろうなと思います。

ライター:ruru(20代男性)

>> めだかボックス│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

アニメ版「めだかボックス」

LINKあにてれ:めだかボックス アブノーマル - テレビ東京

  • 放送(第1期):2012年4月〜6月
  • 話数(第1期):全12話
  • 放送(第2期):2012年10月〜12月
  • 話数(第2期):全11話+番外編1話

 

アニメ版の見どころ

目安箱は、「めだかボックス」などと呼ばれ、生徒たちから好評を博していた…。

>> アニメ「めだかボックス」をU-NEXTで観る(新規登録で600円分のポイントプレゼント)

 

週刊少年ジャンプ下

※完結済みのおすすめジャンプ漫画はこちら↓

【完結済み】週刊少年ジャンプのおすすめ名作漫画まとめ

出典:http://plus.shonenjump.com/ext/wj.html 男性はもちろん、女性であってもジャンプの漫画を読んだことがないという方は少ないんじゃないかと思います。そん...

 

 - 週刊少年ジャンプ , , ,