おぼっちゃまくん│あらすじ&感想〜下ネタ満載でとにかく笑えるギャグ漫画〜

      2016/05/28

おぼっちゃまくん

作品情報

作品名:おぼっちゃまくん

巻数:全16巻(完結)

著者:小林よしのり

出版社:幻冬舎

掲載紙:幻冬舎文庫

 

あらすじ

ぽっくん、御坊茶魔。11歳!このマンガの主人公ぶぁい!!良家のお坊ちゃま、お嬢ちゃまをエリート教育する田園調布学園に、超巨大財閥・御坊コンツェルンの御曹子が転校してきた!

>> おぼっちゃまくん│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「おぼっちゃまくん」の感想

小学生の時に毎週楽しみに読んでいましたが、とても笑えるギャグ漫画です。

主人公の御坊茶魔(おぼう ちゃま)がとにかく金を使いまくって何でも解決するシーンが面白く、茶魔の父親は彼を非常に甘やかしており、友達にお金を渡して茶魔をよろしくと言う始末で、本当に何でも有りだなと思ってしまうほどでした。

 

また、この漫画で外せないのが「いいなけつ」「友だちんこ」「おはヨーグルト」などいわゆる茶魔語の存在で、読者が恥ずかしくなるほどの下ネタの多さに逆に面白さを感じました。笑

 

さらにこの漫画には恐怖の教師・昴田先生や、茶魔が迷子になると現れる通掛聞造さんなど多くの個性豊かなキャラクターがいます。

私は中でも「びんぼっちゃま」というキャラが好きで、後ろは裸で前半分だけスーツを着ているという一度見たら忘れない風貌をしていますが、元上流階級の誇りというものを忘れない生き方に、小学生ながら非常にインパクトを受けました。

 

あと、茶魔が移動用に利用している亀たちにも1匹1匹に名前が付いていて、個人的には亀たちの茶魔に対する献身的な姿がとても愛くるしかったり、茶魔の家の広さが凄すぎて和式トイレは百畳分のスペース、サファリパークが家の敷地にあるなど、そのスケールのデカさと馬鹿さ加減がとても面白かったです。

 

約20〜30年前と古い作品ですが今は電子書籍版も発売されていますので、ちょっと落ち込んでいる時などに読むと、肩の力が抜けて笑わせてくれること間違いなしです。

ライター:ジュドー(30代男性)

>> おぼっちゃまくん│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

アニメ版「おぼっちゃまくん」

おぼっちゃまくん アニメ

LINKテレ朝チャンネル

  • 放送:1989年1月14日〜1992年9月26日
  • 話数:164話

 

アニメ版の見どころ

小林よしのりの同名漫画原作のコメディ。主人公が使用する「茶魔語」は、子供たちに大流行したが下ネタたっぷりの内容に「子供に見せたくないアニメ」でも常に上位だった。

>> アニメ「おぼっちゃまくん」をU-NEXTで観る(新規登録で31日間無料)

 

※ギャグ漫画ならこちらもおすすめ↓

とっても!ラッキーマン│あらすじ&感想〜ギャグ漫画ながら感動もできる名作〜
作品情報作品名:とっても!ラッキーマン巻数:全8巻(完結)著者:ガモウひろし出版社:集英社掲載紙:週刊少年ジャンプ あらすじ日本一ツイてない中学生・追手内洋...

 

花さか天使テンテンくん│あらすじ&感想〜才能の種(サイダネ)を探す天使と少年のギャグ漫画〜
作品情報作品名:花さか天使テンテンくん巻数:全17巻(完結)著者:小栗かずまた出版社:集英社掲載紙:週刊少年ジャンプ あらすじ人間が神様から授かる才能の種・...

 

 - 幻冬舎文庫 , ,