監獄学園│あらすじ&感想〜ギリギリの下ネタが本当に面白いギャグ漫画〜

      2016/07/13

監獄学園

作品情報

作品名:監獄学園

巻数:21巻(連載中)※記事執筆時

著者:平本アキラ

出版社:講談社

掲載紙:ヤングマガジン

 

あらすじ

女子1000人:男子5人!!その学園は男(ヤロウ)共にとって天国か地獄か。誰も見たことがない牢獄高校(ハイスクール)コメディ始業!!伝統ある全寮制の女子高・私立八光(はちみつ)学園。このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。しかし入ってきた男子はたったの5人。そのうちの一人、清志(キヨシ)は女だらけの環境に胸躍らせていた。その先に驚愕の未来が待っているとは知らずに……。

>> 監獄学園│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「監獄学園」の感想

「監獄学園」は昨年アニメ化やドラマ化もされているので、知っているという方も多いのではないでしょうか。

非常にギリギリな感じの下ネタが多いため、こんなものをテレビでやってしまって大丈夫なのかという部分でも話題になりました。

 

そんな「監獄学園」ですが、先ほども書いた通り、ギリギリの下ネタが本当に面白い。

読んでいる人からしたら本当にただの下ネタであるにも関わらず、登場人物たちはみんないたって真面目に事に当たっており、そのギャップがバカバカしくて笑ってしまいます。

 

また、風紀を乱したとされる生徒が学校内にある監獄に閉じ込められてしまい、そこからの脱出を試みるというのが「監獄学園」の基本的な流れなのですが、この部分に関しては先ほど書いたような下ネタだらけの漫画とは打って変わって凄く緊張感があり、幾度となくピンチが訪れる様子に読んでいてドキドキしてしまいます。

 

読み始める前は、ただの下ネタの多いギャグマンガかと思っていましたが、この監獄からの脱出という要素が加わることで、ただのギャグマンガでは無くなっている印象があります。

下ネタが苦手という方もいらっしゃるかとは思いますが、面白いギャグマンガを探されている方には是非ともおすすめしたい作品です。

ライター:カサブランカ(30代男性)

>> 監獄学園│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

ドラマ版「監獄学園」

LINKドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」公式サイト

  • 放送:2015年10月28日〜12月23日
  • 主演:中川大志
  • 話数:全9話

 

ドラマ版「監獄学園」の感想

アニメ版を観て気に入ったので、その後マンガの原作も読んで、ドラマ版も観させて頂きました。

1番興味があったのが、登場人物はみんな個性的なキャラクターばかりなので、ドラマでどこまで再現できるのかという点です。

 

いずれの登場人物も、見た目的には原作のキャラによく似た人を選んでいたと思います。

ただ全体的に、現実離れしたようなマンガ特有の表現はやはり再現できず、物足りなさも感じましたし、このアニメの醍醐味でもあるエロ要素も、実写化されてしまうと放送の都合上などもあるのか、やはり抑えられている印象はありました。

 

ドラマ版は9話で完結ということで、内容としては原作を少し削ったような感じになっています。

原作を読んでいればテンポよく話が進むので、ダイジェスト版のような感じで見やすかったですが、原作を読んでいない人からすると途中の話が抜けてしまうので、本来のストーリーを楽しめないのではないかなと感じました。

 

全体として原作やアニメのファンとしてはやはり物足りない印象を受けましたが、原作を知った上で楽しむという点ではよい作品だったのではないかなと思います。

ライター:しろたん(20代男性)

>> ドラマ「監獄学園」をU-NEXTで観る(新規登録で600円分のポイントプレゼント)

 

 - ヤングマガジン , ,