斉木楠雄のΨ難│あらすじ&感想〜また読み返したくなってしまう不思議なギャグ漫画〜

      2016/08/12

斉木楠雄のΨ難

作品情報

作品名:斉木楠雄のΨ難

巻数:17巻(連載中)※記事執筆時

著者:麻生周一

出版社:集英社

掲載紙:週刊少年ジャンプ

 

あらすじ

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?

>> 斉木楠雄のΨ難│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「斉木楠雄のΨ難」の感想

非常に面白いギャグ漫画です。ほとんどが一話完結なのも面白いですね。

しかも一話完結なのに、話の濃度が濃いこと濃いこと。読みごたえがあるって言うんですかね。

そして一度読んだのに、ついついまた読み返したくなってしまう、不思議なギャグ漫画です。

 

この漫画の主人公は生まれつき超能力があり、その超能力のせいで災難に巻き込まれると言う面白い設定です。

普通、超能力なんてあったら、毎日楽しくて幸せに送れそうなのに、彼は超能力なんて本気でいらないと思っています。

超能力があるがゆえに、聞きたくもない人の気持ちが聞こえてしまったり、サスペンスのテレビを見ていると犯人がわかってしまったり、と彼にとっては災難でしかないようです。

 

この漫画の特徴は、一度たりともこの主人公、斎木楠雄が口を開いたことがないのです。全て心の声で物語は進んでいきます。

斬新な作りですよね。

 

クラスメイトたちは、斎木くんに迷惑がられていることなんて知らないので、ぐいぐいと彼によってきます。

斎木くんとしてはただただ迷惑でしかないので、いつも冷たく突き放すのですが、本当は優しい斎木くん。最後は彼らをこっそり助けたりするのです。

 

いつも冷めた視線で世間を見ている彼ですが、コーヒーゼリーに目がなかったりと、愛着を感じてしまうのもこの作品の魅力です。

ライター:ことり(30代女性)

>> 斉木楠雄のΨ難│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

週刊少年ジャンプ下

※完結済みのおすすめジャンプ漫画はこちら↓

【完結済み】週刊少年ジャンプのおすすめ名作漫画まとめ

出典:http://plus.shonenjump.com/ext/wj.html 男性はもちろん、女性であってもジャンプの漫画を読んだことがないという方は少ないんじゃないかと思います。そん...

 

 - 週刊少年ジャンプ , ,