とっても!ラッキーマン│あらすじ&感想〜ギャグ漫画ながら感動もできる名作〜

      2016/08/12

とっても!ラッキーマン

作品情報

作品名:とっても!ラッキーマン

巻数:全8巻(完結)

著者:ガモウひろし

出版社:集英社

掲載紙:週刊少年ジャンプ

 

あらすじ

日本一ツイてない中学生・追手内洋一。そんな事とは無関係に、ある日、宇宙で大爆発が発生、宇宙人が続々と飛来し始めた!だが、そこへ地球を守ろうと一人の正義の味方が現れた!その名はラッキーマン。実力はないが、幸運度は宇宙一!洋一と合体して地球の危機に挑む!

>> とっても!ラッキーマン│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「とっても!ラッキーマン」の感想

ヒーロー各々に違った特徴があり、その特徴を活かして戦っていくのがとても面白いです。

 

例えば、主人公のラッキーマンはラッキー(運の良さ)だけで敵を倒していくのですが、様々なピンチの場面でこのままでは勝てないというところから大逆転したり、どうやって勝つのかが全く読めない場面から勝ったりするシーンがとても楽しく、基本はギャグ漫画でありながら非常に考えられたストーリー(伏線回収等)に感心することが多々あります。

 

また、ヒーローの個性も非常に分かりやすく、勝利マンは勝つために手段を選ばないヒーロー、友情マンは多くの友達に助けてもらうヒーロー、努力マンは地道な努力の積み重ねで戦うヒーローなどなど、すぐにこのヒーローがどういうヒーローなのかを理解することができるので、自分の好きなヒーローが必ず出てくると思います。(私はスーパースターマンが好きでした)

 

更にギャグ要素だけでなく、よっちゃん編では世直しマンが小さい頃無力で弱かったために両親や兄弟を殺され、自分は奴隷として働かされることになり、その後自らを鍛え上げ強くなって宇宙の支配者となったエピソードが描かれるなど、そのキャラの持つバックグラウンドが語られるシリアスな場面もあり、感動させられるシーンも多々あります。

 

とにかく、先の展開が全く読めない話が多くて、素直に面白いと言える素晴らしい作品でした。

ライター:タイジ(30代男性)

>> とっても!ラッキーマン│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

 - 週刊少年ジャンプ , ,