雪花の虎│あらすじ&感想〜歴史好きじゃない方にこそ読んでほしい戦国漫画〜

   

雪花の虎

作品情報

作品名:雪花の虎

巻数:2巻(連載中)※記事執筆時

著者:東村アキコ

出版社:小学館

掲載紙:ビッグコミックスピリッツ

 

あらすじ

戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった――― 時は享禄二年、1529年。越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生する。不甲斐ない嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子は、しかし女児だった。失望する為景だったが、すぐに決意を新たにする。「この子を、姫武将として育てる」「名を虎千代とする」と―― 強い父、やさしい母、穏やかな兄、健気な姉に囲まれ、小さな山城でお転婆に育つ虎千代。その双肩に背負う運命の重さを、未だ知るよしもなく……。東村アキコが挑む本格大河ロマン、越後の虎、女・上杉謙信の一代記がいま、始まる!!

>> 雪花の虎│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「雪花の虎」の感想

女の子の友人から面白いからと勧められて読んでみた作品で、「上杉謙信が女だった」という設定が斬新です。

僕はけっこう日本史好きなので「謙信=女」説は聞いたことがあったものの、都市伝説的なものだと思っていましたが、漫画を読んでみるとけっこうそうなんじゃないかと思ってしまう証拠も紹介されており、ただの空想物語というわけでもないようです。

 

戦国時代の漫画だと、どうしても時代背景や有名ではない人物などの説明も必要になるんですが、そこはさすがの東村アキコ。

ページ上段で詳しい説明をしながらも、下段では超ざっくりした説明も書かれていて、歴史に詳しくない読者も置いてけぼりにはしません。

(この人は上杉謙信の叔父さんだからそこだけ覚えといて!とかそんな感じw)

 

また、そういう説明だけじゃなく漫画の中の会話もクスッと笑えるような雰囲気になっていて、時代モノだからお硬いイメージがある人でも間違いなく楽しめるんですが、歴史的な矛盾がないように専門家の人にチェックしてもらっているらしく、僕のような歴史好きから見ても違和感なく読める作品でもあります。

 

戦国時代とか難しそうでよく分かんないという方でも、楽しんで読んでるうちにいつの間にか詳しくなってる。

そういう漫画なので、歴史の知識がない方にこそ読んでみてほしいです。

 

ホントに1つだけ残念な点と言えば、他の作品も連載しているからなのか刊行のペースが遅いこと。

面白いだけに『次の巻の発売まだー(;´Д`)??』ってなりますね。

 

でも「雪花の虎」で東村アキコの世界観にハマってしまったので、待ってる時間で他の作品を制覇したいと思います。

ライター:管理人

>> 雪花の虎│試し読みはコチラから(eBookJapan)

 

「東村アキコ」の他の作品

ママはテンパリスト

ママはテンパリスト

関連ママはテンパリスト│あらすじ&感想〜男の子を育てているママに読んでほしい育児漫画〜

 

かくかくしかじか

かくかくしかじか

関連かくかくしかじか│あらすじ&感想〜東村アキコが漫画家として成功するまでを描いた作品〜

 

 - ビッグコミックスピリッツ , ,